効果的に酵素を取り入れて集中力を高める方法

食物酵素
はい。前回に引き続き、ヤンキー兄ちゃんについてw
 
今回は食品の中にいる運搬ヤンキーにフォーカスして話していきます。
 
運搬ヤンキーって何やねん?って方はコチラ
 
 
自分で作り出せる消化酵素や代謝酵素とは違い、食物酵素は体内でつくり出す事が出来ません。
 
なので、食べ物などによって体の外から取り入れる必要があります。
 
この食物酵素をたくさん摂取する事によって、代謝が上がり、全ての機能が活性化します。
 
肉体を進化させ高いエネルギーを保持するためには、この「食物酵素」は最重要ファクターになります!
 
しっかり知識を身に付け、日々の生活に役立てましょう( ´ ▽ ` )ノ
 
 
 
運搬ヤンキーの特徴
 
 
食べ物などから取り入れるといっても、いったいどのような食品に多く含まれていて、どのようにして取り入れるのか?
 
それを知る前に、まずは運搬ヤンキーの特徴を知っておきましょう。
 
 
運搬ヤンキーは、見た目は気合が入ってるんですが実は意外に根性がありませんw
 
このヤンキーは60℃以上で加熱されると死んでしまうという弱点があります。
 
 
そう。食物酵素は熱に弱いのです!
 
 
一般的な酵素は60℃付近で酵素としての働きが出来なくなり、形も変形してしまいます。(生卵から目玉焼きがまさにそれですね〜)
 
これを加熱による酵素の“失活”と言います。
 
つまり、加熱した食べ物には、酵素の働きは無いのです。
 
なので、野菜炒めや鍋料理などでは酵素は取れません。
 
酵素を多く含む食品は、失活してない新鮮なの食べ物ということになります。
 
 
例えば…
 
野菜なら、人参レタストマトキャベツセロリきゅうり大根などで、
 
フルーツなら、キウイバナナアボカドリンゴパイナップルメロンなどがあります。
 
もちろん他の野菜や果物にも食物酵素(運搬ヤンキー)は含まれているので、特に種類にはこだわらなくても大丈夫です。
 
種類よりも生で食べる事が重要になります!
 
あ、
 
ちなみにアボカドは野菜と思ってる人がいるけど、あれはくくり的にはフルーツなんだなー。実は。 
 
 
 
 
 
 
( ̄∀ ̄)
 
 
まー そんな事はどーでもいいw
 
 
こだわるならとにかく鮮度ッ!
 
 
運搬ヤンキーは包丁で切ったところから死んできます!
 
 
なぬッ (@ ̄□ ̄@;)!!
 
 
スーパーやコンビニなどに売っているカット野菜は、時間が経っていてヤンキーの量はかなり減っています。(まー 食わないよりは全然マシですけどねー)
 
なので、野菜や果物は切ったら出来るだけ早く食べましょう(*・∀・*)ノ
 
 
たまに
 
「野菜ジュースを毎日飲んでるから大丈夫ッ!」
 
 
( ̄^ ̄) ドヤッ!
 
 
みたいな人がいますが…残念ながら市販の野菜ジュースではヤンキー(酵素)の補充は出来ません(* ̄∇ ̄*)
 
市販の野菜ジュースは「衛生食品法」に従い、販売前に加熱処理をしなければならないため、その時点でヤンキーは全滅しています。
 
飲んで酵素を補充したい場合はジューサーがお勧めです!
 
ここで一つ注意してほしいのですが、酵素を取るのが目的の場合はミキサーではなく必ずジューサーを使用しましょう! 
 
ミキサーは酵素を破壊してしまいますが、ジューサーは食物繊維と栄養素を分けてくれますので、酵素をほとんど壊しません。
 
 
 
野菜や果物の他にも、納豆や味噌、麹といった発酵食品にも運搬ヤンキーは多く含まれています。
 
発酵食品は、既にある程度消化されてるようなものなので非常に消化が良く、腸内環境を整えてくれます。
 
昔から納豆やぬか漬けが体に良いと言われていたのはこういった意味です。
 
それと、生モノと違い日持ちするのも良いところですねッ♪
 
 
 
運搬ヤンキーとの付き合い方
 
食物酵素は鮮度が命のため、食べたり飲んだりするには多少手間がかかってしまいます。
 
 
…何かと忙しい現代人。
 
 
健康に気を配ってはいるものの、なかなか食事の準備までは時間が取れず、満足に酵素を補充できないという人も多いと思います。
 
そういった方は、手軽に酵素を補えるサプリメントを利用しましょう。
 
 
食物酵素を摂る事で、エネルギーの無駄遣いが無くなり代謝が上がります。
 
そのため、各機能が活性化し、あなたの脳は最大のパフォーマンスを発揮します!
 
高い集中力をキープし、効率の良い作業をするためにも「酵素」をしっかり摂り、体内から効果的に肉体の進化を遂げていきましょう☆p(・∩・)q☆
 
 

好きな事だけをやって生きたいと思いネットビジネスに挑戦。転売で結果を出すも財産差押寸前の超極貧生活に転落。その後、PCスキルが皆無で一度は挫折した情報ビジネスで這い上がった ただの横乗り好き。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。